クレジットカードお得術

こんくえすとーりーレビュー4


なんか風邪っぽいかも、バカじゃないよ、ゆにたんです。
明日はバージョンアップですね。
カード引きの為のクリックの練習でもしといた方がいいでしょうか。
そんなんで、滑り込みのこんくえすとーりーレビュー4回目。
このバージョンの、最終回となります。
いつも通りネタなので、分かる人だけどうぞ。

心のサブタイトル
「難しい事は元老院が一晩で何とかやってくれます」



これまでのあらすじ

国境付近に盗賊が出た、という情報がきて
救援の為に向かったオルス。
しかし途中研修等をしてたせいか
村はすごい荒れようだった。
それでもたまたま通りがかった勇者一行の
地味な奴がここまでもたせてくれたからこのレベルっぽかった。
いなかったらもっとひどかったってことか?

多勢に無勢のひどい盗賊達を
戦略的な数の暴力で撃退し
射兵という言葉が死語になったりして
セクハラをした盗賊に
「3ターンで撃退させなさい」と
上司からパワハラをうけた
「9ターンにまけて下さい」と交渉し
なんとか上司の機嫌を損なわずにここまできてます。


ところでここは完全にエリールの領地の様な気がするが
きっと気のs…

こんすと401
「おい、完全に端にきましたよ」
「国境って県境みたいなレベルなのかしら」


こんすと402 />
飛竜

ニンテルドの飛竜とスロヴィアの飛竜だったら
スロヴィアの飛竜の方が強い(公式)


ファーエ・フォスタ「…」

ちゃんと言う事を聞く飛竜の数(公式)

ニンテルド=2匹
スロヴィア=3匹

(一匹はヤヤががいるので確実にこっちいる)

「そんな部隊国境に置いていいんですか!!」
「言う事聞かないでややこしいことになったらどうするんです!!」
「それとも2匹だけですか部隊!!」
「あと前々から言おうと思ってたんですけれど

 スロヴィアの誇る竜騎兵部隊。
 入隊するとまずは竜と心を通じ合わせる事から始める。


って誇らしげにかいてますけど。
ちゃんと言う事を聞く飛竜3匹だけですよね?
いや、飛ばない竜もいるかもだけど!!
言う事聞かないって心通じあわせられてないじゃん!!

ちなみにオルスの出身の島には飛竜いないのでぐりふぃんたんが
用いられるらしい。

そして対戦してたのでいってみた
こんすと404 />
勇者(ま た か …)
普通の人間なら心労で倒れそうな絡まれっぷり(王女以外にも相当絡まれてる)を
発揮するカリスマ性を持つ、フラグ王ことミョムト。

ぱと「私とうとう台詞まではぶられたんですけど、地味はあるのに」
王女「フフ…これが人気の差、というものですわ」
地味「いや、人気だなんて…」
二人「黙れ地味」

ぱと「私は完全版の表紙でもミョムト様と二人で描かれてるもん!」
王女「私だってry
地味「自分ははぶかれました」
二人「黙れ地味」

こんすと405
勇者「だが断る」
皆「な、なんだってー!!」



こんすと406
「フ…フン!!そんなこと言っているのもいまのうち、
 絶対協力が必要になりますわ…






こんすと407/>
「!!」


勝利条件
ミョムト1人で制圧(パトのスキルもなし)


2011y01m31d_201530012.jpg
(無駄足…)
(無駄足…)
(化け物…)
盗賊に化け物呼ばわりされる勇者

そして物語はまだまだ続くよ。
黒幕が判明したよ。

こんすと408 />

まさか…まだこのネタを使うの?

こんすと409

こんすと410
「またこれかー!!」
「だからオルスちゃん田舎者だから見栄をry(二度目)
「田舎馬鹿にすんな―!!」

そして

こんすと411
コンシューム大陸に忍び寄る魔の手!

こんすと412
国境を越えて最強の英雄たちが集結

国境今回も超えましたよね」
「確実に超えてましたよね」

「あ!先生!主人公がはぶられてます!!」
「いつものことです」

「しかしこれで今回「あの」オルスが主役じゃないのがわかったぞ…」
「なん…だ…と…」

そう、これはメッセージなんだ、
「結局プレイヤーがどうにかしなきゃ悪はなくならないと!!
 テーマは、貴方が変われば世界は変わる」
「どっかの旧公共広告機構の宣伝みたいになってますよ!!」
 いや、やってるプレイヤーがさも悪い事やっているみたいに
 いわないでくださいよ」
「いや、むしろプレイヤーをあつめて悪い奴に一揆をry」
「怖いこと言うな―!!!」
「一揆はひとりでやるもんじゃないな!」
「一揆はやるもんじゃないよ!!暴力反対!!」

こんすと413
「あれですね、何かを否定的にすると題材が題材だけに
 やばいから、どう考えても悪役にして大丈夫なのをもってきて
 そいつ倒す話でいいや、とか無難にいった結果とかでは断じてない!」
「もういうな!これ以上いうな!」

そういえば原作でゼリが、コピーガードを人間の技術は進化する、
って言って、かっこよくきめてたけどさ、実際は(よくわからんけど)
それは不本意な進化だったんじゃないかなぁ、とか思った時と一緒の感想。
凄い技術だなぁ、とは思うけれど、作ってる側からすれば人間の時間には
限りがあって、それに関わる時間や労力を他の物に注げる事ができれば、
もっと自分の望むものが創れたかもしれない、って感じなのかなぁと、
しんみりした。
実際それ専門の人がいて、別にそんな事ないんだったら失礼だけど。
それにしたって医者とかと同じでやっぱりそういう仕事は極力光にあたって
欲しくない、と思うんじゃないかなぁ。

ゆにたん、そういう志をもって、光になる事もないけど、状況を
未然に防いでいる人は大すきです。
僕は状況がひどくなる前に救える人が大好きです。
そんな人をあざけり笑う奴は大嫌いだ。

こんすと32
「…」
しかしあれですね、正直、こういうのやるんだったら
英雄集結とかそういうんじゃない方が話的には納得するんですけどね。
まぁそれだとファンが全く楽しくないんだけど。
こんな物の為に御大層なメンバーがそろっているっていうのは
なんつーか、原作んときも思ったけど現実含めてなんとも悲しい。
もしプレイヤーが英雄たちの手を煩わせない為に陰で働く、とかだったら
僕好みでした。(キリッ

こんすと414
そして次バージョンへ続く!!
明日更新されるっぽいよ!!
ストーリーは続きあるかな?


「ところでゆにたん」
「はい」

「これスロヴィア編の序盤なんだけど…」
「はい」

こんすと415/>
「各国別のシナリオあること知ってます?」
「!!」

果たしてゆにたんはこんすとーりーレビューをどこまでやるのか?
それは正規版が発売してから決める!!

こんすと414
俺たちの戦いはこれからだ!!

未完!!

で終わんないように祈る。
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

ゆにたん

Author:ゆにたん
BL(バトルライン)
コンクエ、セガチューの
信者ぶろぐです。
まぁITAIブログだよ。
因みにメールでの連絡先は
yunitanbl☆gmail.com
です。(☆を@に変えてね)
※反応は遅いです。
aoisekai_120-60.jpg

line
最新記事
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
検索フォーム
line
リンク
更新中(BL以外のも有) 更新停止(宣言or1年以上)
  • 日々漫遊記☆まりもさん
  • 閉鎖(リンク切れ)
    line
    バナー
    画像等は公式の規約等に従い
    使用させて頂いています。

    「蒼い世界の中心で」
    公式サイト
    banner_gia.jpg

    バトルライン(旧BL)公式サイト
    ※現在閲覧不可
    bl_200_40_03.jpg
    旧BL無料版配信サイト bl_200_40_03.jpg

    コンクエ公式サイト
    ※現在閲覧不可
    marukusu_720_150.jpg
    コンクエ無料版配信サイト marukusu_720_150.jpg


    バナーがあるファンサイト様
    ゆきみさんのサイト※休止中 ybanner.jpg
    line
    月別アーカイブ
    line
    ついったー
    line
    QRコード
    QR
    line
    sub_line